鼻尖縮小を行う施設の良い選び方

失敗しない確実性の高い鼻尖縮小を行っているクリニックは、それなりの充実した設備を整えています。検査器具をはじめ、施術に使う最新医療機器なども揃える気持ちがないようなクリニックだと古い手法だけを長年行っている可能性があって、希望する鼻の形を実現するための術式の幅が狭まったり、万が一の時の対応が十分にできずほかのクリニックを頼らなければならなくなる可能性があります。待合室の配慮がなかったり汚れている施設などは、患者に対する誠実な対応も期待できないので、施設選びはとても重要になってきます。鼻尖縮小の実績が豊富であり、新しい術式も積極的に取り入れながらも、患者に負担が高い方法や効果が薄い方法はそのリスクを説明して取り扱いを行わないなど、誠実な対応をしているクリニックを選ぶようにするべきです。

大切なシミュレーションのために解析と分析

鼻尖縮小を成功させるためには、適切な術式を決定することと希望するデザインをできるだけ再現してもらうことが重要になってきます。医師の考えと患者の希望をすり合わせてデザインを決定するためには、シミュレーションを行うことが大切です。3DCGが導入されているクリニックだと、自分の完成予想の顔を立体的にみることができてイメージが湧きやすくなります。そのデータをつくるためには、医師が正確に現在の鼻の状態を確認して、分析や解析を行い導き出す必要性があります。鼻の形にだけこだわっても顔にある他のパーツとのバランスが悪くなったら意味がないので、全体的に確認できるシミュレーションが行える設備のある施設は、鼻尖縮小を受けるうえで良い施設だといえます。さらに、導入している設備を十分に使いこなせる医師の知識も重要です。

独自に開発した医療器具を用いる

鼻尖縮小を行うときに医学的な根拠に基づいて行われ、顔にある血管や神経などに配慮しながら鼻の形を適切に整えていく必要があり、実績が豊富で経験年数が長い医師であれば、既存の器具だけでは使い勝手が悪かったり不自由さが出てきて、独自の器具を開発して使用するケースが割と多くあります。独自の器具を導入している施設であれば、よりスムーズに手術を受けることができる可能性が高まるため、良い施設を判断する際の参考になります。鼻尖縮小は傷を目立たせないためにクローズ法を用いて、鼻の穴の中からアプローチを行うことが多くなりますが、オープン法と違ってある程度視野が狭まるので、使い勝手の良い器具を取り揃えているクリニックの方が、負担がかからない手術が行えて時間も短縮できる可能性が高まります。