鼻尖縮小手術を行う上での注意点


鼻尖縮小は、団子鼻などに悩んでいる人を改善に導くことができる施術ですが、鼻の状況によって選択する術式が違ってきます。適切な方法が選ばれなければ、全く変化を感じない仕上がりにされてしまう可能性があります。慣れていない医師が行うことで、施術を受けた当初に問題がなくても月日が経つごとにもとに戻ってしまうこともあるため、鼻の構造や解剖学、手術それぞれの知識や技術が高い医師に担当してもらう必要があります。前もって鼻尖縮小について知っておくと医師の対応が適切であるか、正しい手術では無く簡略化しようとしているのではないかという判断が行いやすくなって、患者の悩みに向き合い、正しい手術を行ってもらえる医師を見分けられる可能性が高まります。医師とコミュニケーションを取ることも、重要となっていきます。

カウンセリングはじっくりと時間をかけて

鼻尖縮小で失敗し、他院で修正を受けることになる人に多いのが、あまり医師と話をしていないうちにどんどん先に進んでしまい、自分が理想としていた形と違う鼻にされてしまうケースが割とあります。納得できない形はいつまでも不満が残りますし、術式によっては修正が難しくさらに大変な手術が必要になってしまう場合もあるため、医師としっかりとコミュニケーションを取り、目指す鼻の形を伝えていくべきです。気にいっている鼻の形があるのなら写真を持参することも分かりやすく、シミュレーションを行って自分の顔に適しているか見ることができますから、遠慮せずに申し出ることで後悔せずに済みます。どうしても無理な形であれば、医師が理由を説明してくれますし、ベストな提案を行ってくれることもあります。

手術の方法とリスクの説明が行われるか

医師が適切な術式を選んでくれているか判断するために、なぜその術式を選んだのか詳しく聞く必要があります。軟骨が発達しているせいで団子鼻になっている人と、脂肪の量が多い人では選ぶべき手術の方法に違いがあって、間違って選んでしまった場合には変化がなかったり、鼻の形が崩れてしまう可能性がありますから、良く話を聞くべきです。きちんと診察もせずに、症例数を増やしたい手術を行う医師もいるため気を付ける必要があります。どんな手術でもリスクがあって、その説明を行わない医師は不親切で信用できません。必ずリスクを聞いて、納得できる治療計画であったなら手術を受けるようにするべきです。鼻先の軟骨が発達している人は軟骨の部分的な切除を行い、脂肪が多い人は脱脂をして広がった軟骨同士を縫い合わせて小さくする手術などがあります。